« NUCLEO F446RE MicroPython I2C接続確認の方法 | トップページ | M5StickC MicroPython インストール方法 »

2020年2月 2日 (日)

MicroPython AnalogInのボードによる仕様差分

2020/2/2

MicroPython AnalogInのボードによる仕様差分

MicroPython AnalogInのボードによる仕様差分

概要

MicroPythonのAnalogInのボードによる仕様差分について、プログラムを示す形で明確化する。

参照URL

ESP32/ESP8266 Analog Readings with MicroPython
ESP32/ESP8266 PWM with MicroPython – Dim LED
ESP32/ESP8266 Digital Inputs and Digital Outputs with MicroPython
ESP32/WROOM32
ESP8266/ESP-WROOM-02開発ボード

Nucleo_F446RE

from machine import Pin, ADC from time import sleep # use A1 for analog input (Nucleo_F446RE) a1 = ADC(machine.Pin('A1')) while True: print(a1.read()) sleep(0.1)

以下のようにREPLで実行してみるとA0が使用不可なことが分かる:

>>> a0= ADC(machine.Pin('A0')) Traceback (most recent call last): File "<stdin>", line 1, in <module> ValueError: pin A0 does not have ADC capabilities >>> a1= ADC(machine.Pin('A1')) >>> a2= ADC(machine.Pin('A2')) >>> a3= ADC(machine.Pin('A3')) >>> a4= ADC(machine.Pin('A4')) >>> a5= ADC(machine.Pin('A5')) >>> machine.Pin('A3') Pin(Pin.cpu.B0, mode=Pin.ANALOG) >>> machine.Pin('A0') Pin(Pin.cpu.A0, mode=Pin.IN) # A0 は mode=Pin.ANALOG になっていない。 # ボリューム抵抗を最大にすると12ビットであることが分かる >>> a2= ADC(machine.Pin('A2')) >>> a2.read() 4095 >>>

ESP8266

AnalogInは一つしか無い(A0,0-1023)

from machine import Pin, ADC from time import sleep a0 = ADC(0) while True: print(a0.read()) sleep(0.1)

ESP32

以下のピンがAnalogInとして使用できる:
0, 2, 4, 12, 13, 14, 15, 25, 26, 27, 32, 33, 34, 35, 36, 39
レンジは、0-4095

from machine import Pin, ADC from time import sleep p34 = ADC(Pin(34)) while True: print(p34.read()) sleep(0.1)

以上

|

« NUCLEO F446RE MicroPython I2C接続確認の方法 | トップページ | M5StickC MicroPython インストール方法 »

MicroPython」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NUCLEO F446RE MicroPython I2C接続確認の方法 | トップページ | M5StickC MicroPython インストール方法 »