« Headless_RaspberryPiでSambaサーバーを動かす | トップページ | wio-terminalのファームウェア・アップデートについて(v2)(linux版) »

2020年12月 6日 (日)

Headless_RaspberryPiでOpenMediaVault(NASサーバー)を動かす

2020/12/12
設定について追記した。

2020/12/6
初版

Headless RaspberryPi OMV

Headless RaspberryPi OMV

概要

Headless_RaspberryPiでOpenMediaVault(NASサーバー)を動かす。

インストール

sshでログインして以下の手順でインストールする:

sudo apt update sudo apt upgrade sudo rm -f /etc/systemd/network/99-default.link sudo reboot # ここで、いったんリブートする # 再度、loginする cd ~/Downloads wget -O - https://github.com/OpenMediaVault-Plugin-Developers/installScript/raw/master/install | sudo bash # 約30分ほど、かかるので、そのまま待つ(途中でrebootあり) # 最終的に以下のようなメッセージが表示される: # (数値的なものなどは、状況によって変化する) <省略> ID: start_loadcpufreq_service Function: service.running Name: loadcpufreq Result: True Comment: The service loadcpufreq is already running Started: 23:39:56.248555 Duration: 267.893 ms Changes: Summary for raspberry(ホスト名) ------------ Succeeded: 4 (changed=2) Failed: 0 ------------ Total states run: 4 Total run time: 18.845 s # この時点でインストールが完了してサーバーが起動している

OpenMediaVaultのログイン

上のインストールが終了すると、そのまま、サーバーが動いている状態になるので webブラウザーでサーバーのurlにアクセスする。
mDNS(Avahi)が動作しているので、raspberry.localでアクセスする。
(ホスト名raspberryを変更しているのであれば、変更した名前xxxx.localでアクセスする)

ログイン用GUIが表示されるので
以下のユーザー/パスワードを入力する(初期値):

admin openmediavault

パスワード付きの共有設定

1.新規ユーザーの登録
・「アクセス権の管理」内の[ユーザー]をクリック、[追加]をクリックする。
・「名前」(任意の名前、たとえばOMV)を設定し、任意のパスワードを入力して、[保存]をクリックする。
・「設定が変更されました」と表示されたら[適用]をクリックし、その後、[はい]をクリックする。

2.共有フォルダ
・「アクセス権の管理」内の[共有フォルダ]をクリック、[追加]をクリックする。
・「名前」(任意の共有名)を設定し、「デバイス」を選択、「パーミッション」を「みんな:読み書き」に選択して[保存]をクリックする。
・「設定が変更されました」と表示されたら[適用]をクリックし、その後、[はい]をクリックする。

3.SMB/CIFS
・「サービス」から[SMB/CIFS]をクリック、[共有]タブを選択して[作成]をクリックする。
・「共有フォルダ」を選択、「パブリック」を[いいえ]にして[保存]をクリックします。
・「設定が変更されました」と表示されたら[適用]をクリックし、その後、[はい]をクリックする。

パスワード無し(guest)の共有設定

1.共有フォルダ
・「アクセス権の管理」内の[共有フォルダ]をクリック、[追加]をクリックする。
・「名前」(任意の名前)を設定し、「デバイス」を選択、「パーミッション」を「みんな:読み書き」に選択して[保存]をクリックする。
・「設定が変更されました」と表示されたら[適用]をクリックし、その後、[はい]をクリックする。
2.SMB/CIFS
・「サービス」から[SMB/CIFS]をクリック、[共有]タブを選択して[作成]をクリックする。
・「共有フォルダ」を選択、「パブリック」を[ゲストのみ]にして[保存]をクリックします。
・「設定が変更されました」と表示されたら[適用]をクリックし、その後、[はい]をクリックする。

この設定は、guestのみの設定になるので 他のPCから接続する場合、ユーザー/パスワードなしで接続できる。

サービスのリセット

設定を変更した場合、[システム/一般設定]のところにある[リセット]ボタンを押したほうが良いようだ。

接続方法

・ubutuの場合
(1)「ファイル/他の場所」をクリックするとサーバーのホスト名が以下のような形で見える:
<サーバーのホスト名> - SMB/CIFS (SMB/CIFSの場青)
<サーバーのホスト名> - SSH (SSHの場青)

(2)「<サーバーのホスト名> - SMB/CIFS」をクリックすると共有名が見えるので、それをクリックすると 接続する。
パスワード付きに設定している共有名は登録したユーザー名(OMVなど)とパスワードを入力すると接続できる。

.windowsの場合
(1)エクスプローラーのurl入力で、¥¥<サーバーのホスト名>を入力する。
(2)共有名が表示されるので、それをクリックする。
パスワード付きに設定している共有名は登録したユーザー名(OMVなど)とパスワードを入力す ると 接続できる。

トラブルシュート

OpenMediaVaultに直接関係ないが (1)volumioにNASとしてマウントしてエラーになり削除できない volumioにログインして削除できない共有名を以下の手順で削除する: (xxxは共有名とする) /mnt/NAS/xxx sudo umount /mnt/NAS/xxx sudo rm -r /mnt/NAS/xxx この後、volumioのGUIの設定にはいりNASの共有名xxxを削除する

参考url

https://www.openmediavault.org/
openmediavault 5.x documentation
Adden-B-Installing_OMV5_on_an%20R-PI.pdf

headless RaspberryPiインストール方法(v2)

ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法
openmediavault かんたんに共有する方法
OpenMediaVaultの設定

USBストレージ関係:
Raspberry Pi: Mount USB Drive – Automatically

以上

|

« Headless_RaspberryPiでSambaサーバーを動かす | トップページ | wio-terminalのファームウェア・アップデートについて(v2)(linux版) »

headless」カテゴリの記事

volumio」カテゴリの記事

OpenMediaVault」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Headless_RaspberryPiでSambaサーバーを動かす | トップページ | wio-terminalのファームウェア・アップデートについて(v2)(linux版) »