« vscodeでtexを編集する(lualatex) | トップページ

2021年6月16日 (水)

Headless RaspberryPi(64bits)インストール方法(USB/SSD boot)

2021/6/20
「CPUクロック状況」を追加した。

2021/6/19
「32bits SSD boot」について追加した。

2021/6/16+ 初版

headless RaspberryPi 64bits,USB/SSD boot

headless RaspberryPi 64bits, USB/SSD boot

概要

Headless RaspberryPi(64bits)インストール方法(USB/SSD boot)
表示装置を接続しないでPCを運用することをheadlessというが、ここでは、最初のbootからRaspberryPiをheadlessで使う方法についてまとめた。ここでは、「headless RaspberryPiインストール方法(v2) 」の発展形として、raspberry-pi-4を64bitsモードかつUSB/SSD-bootで動かすこととする。

事前準備(ホストPC側(linux))

以下のdeamonをインストールする:

sudo apt-get update sudo apt-get install avahi-daemon

sshのポートを開くための設定:

sudo ufw allow ssh

Downloading raspbian image

以下から以下の手順で64bitsイメージをダウンロードする。

cd ~/Downloads wget https://downloads.raspberrypi.org/raspios_arm64/images/raspios_arm64-2021-05-28/2021-05-07-raspios-buster-arm64.zip

・2021/6時点では、64bitsイメージは、上のベータ版のみである。

書き込みツール(Etcher)の準備

本ツールで使用するライブラリを以下の手順でインストールする。

suso apt update sudo apt install zenity

以下の手順でツール自身をダウンロードする:

cd ~/Downloads wget https://github.com/balena-io/etcher/releases/download/v1.5.120/balena-etcher-electron-1.5.120-linux-x64.zip #ダウンロードしたzipを解凍すると以下のディレクトリができる: $ ls balena-etcher-electron-1.5.120-linux-x64 balenaEtcher-1.5.120-x64.AppImage #このxxxx.AppImageをダブル・クリックすると書き込みツールが起動する

留意:入力ファイルは、.zipのままで良い。

参照:
LinuxにEtcherをインストールする
簡単な 3 ステップで使えるブートUSB 作成ツール!「balenaEtcher」
使用方法については上を参照のこと

M.2-SSDの初期化(PI4-CASE-ARGON-ONE-M.2使用の場合)

M.2-SSDを使用する場合、gpartedなどで、FAT32でフォーマットする必要がある。その後、書き込みツールでイメージを書き込む。

重要な注意:
ARGONのM.2-SSDは、PCで主流になっているNVMeではなく、SATAであるので注意のこと。(パソコン・ショップなどの店頭に出ているのはNVMeが多いようなので注意)

参考:
M.2 SSDの取り付け方
【2019年版】M.2 SSDとは?SATA接続とNVMe接続の違いについてもまとめました

ブートデスク(SD/USB/SSD)作成

上の書き込みツールを使って、ダウンロードしたイメージを、SD,USB/SSDに書き込む。
なお、SDは、ブートコード(rpi-eeprom)書き込み/確認用、USB/SSDは、実際に使用するブートディスクになる。

ただし、現状、書き込みツール(Etcher)で、USB3.0-SSD(M.2-SSDを含む)を書き込んだ場合、ブートデバイスにならないようだ。そのため、USB3.0-SSDをブートデバイスにする場合、SD/USBでブートした後、VNCで接続して以下の手順でブートデバイスを作成する:
(つまり、raspberry-pi自身でブートデバイスを作成する必要がある)

/************************************************************
VNCでログイン後、
(0)ブートデバイスにしたいデバイスをUSB接続し、アンマウントにする
(1)[Raspberry Menue/Accessories/SD Cord Copier]を起動する
(2)Copy From Devide:ブートしたSD/USBのデバイス名を選択する
(3)Copy TO Device:書き込むデバイス(ブートデバイスにしたいデバイス)を選択する
(4)[New Partition UUIDs]にチェックを入れる
(5)[Start]をクリックして書き込みを実行する
************************************************************/

作成したブートディスク(SD,USB/SSD)は以下に述べるようにホストPCに接続して変更を施す:
([SD Card Copier]を使う場合を除く)

boot/rootfsディレクトリのファイル追加/修正

書き込んだSD/USB/SSDをいったん取り外し、再度、挿入する。 すると、boot/rootfsディレクトリが出現する。

(1)ssh有効化
bootにsshという名前のファイルを作成する。(ファイル内容は空で良い)

(2)wireless設定
bootにwpa_supplicant.confという名前で 以下の内容のファイルを作成する:

wpa_supplicant.conf
(複数のSSIDを設定する例)

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev update_config=1 country=JP network={ ssid="<Name of your WiFi>" psk="<Password for your WiFi>" priority=1 id_str="<ID1(任意)>" } network={ ssid="<Name of your WiFi>" psk="<Password for your WiFi>" priority=2 id_str="<ID2(任意)>" }

接続するssidの方式はWAPかWPA2であること
(WEPでは接続できないようだ)

rootfsディレクトリに対して以下を行なう:
(3)hostnameを変更するために
以下の2つのファイルに記述されているhostnameを 新しいものにエディタで変更(編集)する。
(書き込み権限が必要なので「sudo」を付ける必要がある)

#「raspberrypi」を任意の名前に変更する # USERは自分の環境に合わせる sudo nano /media/USER/rootfs/etc/hostname sudo nano /media/USER/rootfs/etc/hosts

(4)該当SD/USB/SSDを取り出す boot,rootfsをアンマウントする。

(5)該当USB/SSDのext4パーティションのリサイズ
起動後、raspi-configでリサイズ可能だが、遅いという話もあるようなので、gpartedなどで、ext4パーティションをリサイズしておく。(拡張する)

SD-Boot

ここでは、ブートコード(rpi-eeprom)をアップデートするために 書き込んだSDをRaspberryPiのボードに刺し、電源をオンする。(起動する)
ボードのLEDが点滅し始めて、常灯するまで待つ。

SD-Login

ホストPCで接続を確認するために
(名前解決に時間がかかるので)
以下のコマンドを成功するまで繰り返す。
ping raspberrypi.local

出力ログ例:

$ ping raspberrypi.local PING raspberrypi.local (192.168.0.26) 56(84) bytes of data. 64 bytes from 192.168.0.26: icmp_seq=1 ttl=64 time=39.4 ms 64 bytes from 192.168.0.26: icmp_seq=2 ttl=64 time=78.2 ms 64 bytes from 192.168.0.26: icmp_seq=3 ttl=64 time=10.0 ms 64 bytes from 192.168.0.26: icmp_seq=4 ttl=64 time=9.81 ms 64 bytes from 192.168.0.26: icmp_seq=5 ttl=64 time=18.9 ms ^C --- raspberrypi.local ping statistics --- 5 packets transmitted, 5 received, 0% packet loss, time 4005ms rtt min/avg/max/mdev = 9.816/31.306/78.254/25.833 ms

どうしても接続確認ができないようなら「arp -a」を入力して、接続中のPCのIPアドレスを表示させて、RaspberryPiのIPアドレスを推定する。

接続確認が終わったら以下のコマンドを入力してloginする:
(デフォルトのパスワードはraspberry)

ssh pi@raspberrypi.local

SD-login後

以下のコマンドでブートコード(rpi-eeprom)をアップデートする:

sudo apt update sudo apt full-upgrade sudo reboot #ここで、いったんリブートする sudo rpi-eeprom-update sudo vcgencmd bootloader_version #-------------------------------- # 以下、出力例- $ sudo rpi-eeprom-update BOOTLOADER: up to date CURRENT: Thu Apr 29 16:11:25 UTC 2021 (1619712685) LATEST: Thu Apr 29 16:11:25 UTC 2021 (1619712685) RELEASE: stable (/lib/firmware/raspberrypi/bootloader/stable) Use raspi-config to change the release. VL805_FW: Using bootloader EEPROM VL805: up to date CURRENT: 000138a1 LATEST: 000138a1 $ sudo vcgencmd bootloader_version Apr 29 2021 17:11:25 version cf8c388c4ee37ad709ace403467d163e8dd91ce (release) timestamp 1619712685 update-time 1623061523 capabilities 0x0000001f #上の出力の場合、既に最新版になっている #最新版にする場合は以下を実行する sudo rpi-eeprom-update -d -a #-------------------------------- #ブート順序の変更 sudo raspi-config Choose 6 "Advanced Options", then click 'Enter'. Coose A6 "Boot Order", click 'Enter'. Choose B1 "SD Card Boot ..., otherwise boot from USB" or B2 "USB Boot", click 'Enter #「SDがない場合、USBブート」 か 「USBブートのみ」に設定する 

ここまで、設定したら、rpiの電源を落として、SDを取り出してブートUSBを挿して再起動する.
ここの状態でeepromがUSBからブートできる状態になっている。

VNC-serverの設定

headlessといえども、なにかを設定する際、guiのほうが設定しやすいことがあるので、VNC-serverを設定する。(直近の例では「SD Card Copier」を利用するためにVNCが必要となる)
「sudo raspi-config」を実行して 以下の値に設定する:

設定値: ・3 Boot Options B1 Desktop / CLI B4 Desktop Autologin Desktop GUI, automatically logged in as 'pi' user ・5 Interfacing Options P3 VNC ⇒ Enable  ・7 Advanced Options A5 Resolution DMT Mode 85 1280x720 60Hz 16:9    (使用しているモニターのサイズに合わせて7種類から選択する)

設定後、rebootする。 なお、上の設定でなく「Login Desktop GUI」(Autoでない)でも良い。
(raspi-configのメニューはバージョンによって変更になるので注意のこと)

VNC-severについては、以下の記事を参考した:
【解決】Raspberry Pi4 VNC接続で画面が出ない!!

なお、ホストPC側のRealVNC-viewerは以下のurlからダウンロードできる: https://www.realvnc.com/en/connect/download/viewer/linux/

ダウンロードしたファイルは実行形式なので実行属性を与えて実行する。

USB/SSD-boot後

ログインしたら開発ツールとして使用するために以下を実行する:
(既にインストール済みのものもある)

#linuxのバージョンの確認 uname -a #出力 Linux xxxx 5.10.17-v8+ #1414 SMP PREEMPT Fri Apr 30 13:23:25 BST 2021 aarch64 GNU/Linux #aarch64が表示されていれば64bitsである #RAM容量の確認 free -h #出力 total used free shared buff/cache available Mem: 7.6Gi 220Mi 7.1Gi 24Mi 299Mi 7.3Gi Swap: 99Mi 0B 99Mi #Mem:が8GB弱ならば、RAM-8GB版になる #releaseの詳細 cat /etc/os-release #出力 PRETTY_NAME="Debian GNU/Linux 10 (buster)" NAME="Debian GNU/Linux" VERSION_ID="10" VERSION="10 (buster)" VERSION_CODENAME=buster ID=debian HOME_URL="https://www.debian.org/" SUPPORT_URL="https://www.debian.org/support" BUG_REPORT_URL="https://bugs.debian.org/" #まだ、debianのままになっている #ブートコード(rpi-eeprom)の状況 cat /etc/default/rpi-eeprom-update #出力 FIRMWARE_RELEASE_STATUS="stable" #ケースとしてPI4-CASE-ARGON-ONEを使用している場合、以下を実行する: curl https://download.argon40.com/argon1.sh | bash #<------------------------------------------ #出力例: out: *************************** Argon One Setup Completed. *************************** You may need to reboot for changes to take effect Use argonone-config to configure fan Use argonone-uninstall to uninstall #>------------------------------------------ argonone-ir #<------------------------------------------ #出力例: -------------------------------- Argon One IR Configuration Tool -------------------------------- WARNING: This only supports NEC protocol only. Press Y to continue:Y Thank you. Select remote control to configure: 1. Configure Remote ON/OFF Button 2. Cancel Enter Number (1-2):1 Select remote control to configure: 1. Use Argon Remote ON/OFF Button 2. Use Custom Remote ON/OFF Button 3. Cancel Enter Number (1-3):1 Updating Device... Thank you. #>------------------------------------------ sudo apt update sudo apt install net-tools sudo apt install git curl sudo apt install gcc-arm-none-eabi build-essential sudo apt install cmake sudo apt install libusb-dev sudo apt install libusb-1.0-0-dev sudo apt install picocom sudo apt install python3-distutils sudo apt install python3-venv pip3 install pyserial #bt(bootterm)のインストール mkdir ~/tools/bt cd ~/tools/bt git clone https://github.com/wtarreau/bootterm cd bootterm make sudo make install #64bitsのライブラリのインストール sudo dpkg --add-architecture armhf sudo apt install libstdc++6-8-dbg:armhf sudo apt install libstdc++:armhf

platformioのインストール

以下の手順を実行する:

mkdir ~/pio_ws cd ~/pio_ws python3 -m venv pio_env source pio_env/bin/activate pip3 install platformio #インストール後も、このツールを使用する場合 #同じディレクトリで以下を実行する: #source pio_env/bin/activate # 「source」は、「.」でも良い #udev登録 #以下を実行して、udevのrulesを登録する: curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/platformio/platformio-core/master/scripts/99-platformio-udev.rules | sudo tee /etc/udev/rules.d/99-platformio-udev.rules sudo udevadm control --reload-rules sudo usermod -a -G dialout $USER sudo usermod -a -G plugdev $USER

platformio.iniの変更

基本的には、そのまま使用可能だが、ARM64bitsライブラリの整備状況や実行環境の違いから以下の修正が必要である:

1.ARM系コンパイラを使用する場合、最新のものが用意されていないので platformio.iniに以下を追加する:
(古いバージョンを使用する)

platform_packages = toolchain-gccarmnoneeabi @ 1.50401.1

2.シリアルポートは(rpiの場合、別のシリアルが有効になっているので)明示する必要がある。したがって以下をplatformio.iniに追加する必要がある:

upload_port = /dev/ttyACM0

3.プロジェクト・ディレクトリごと外部から持ってきた場合、以下の手順で、いったん環境を消去する必要がある:

cd proj_dir #環境の消去 rm -r .pio #必要ツールのダウンロード pio run -t clean

ブート後のディスク関連の状況(参考)

ネット情報を見ているとブートできない状況もあるようなので、ブートに成功した状況を以下に挙げる:

M.2-SSD boot時

$ lsusb -t /: Bus 02.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=xhci_hcd/4p, 5000M |__ Port 2: Dev 2, If 0, Class=Mass Storage, Driver=uas, 5000M /: Bus 01.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=xhci_hcd/1p, 480M |__ Port 1: Dev 2, If 0, Class=Hub, Driver=hub/4p, 480M $ lsusb Bus 002 Device 002: ID 174c:55aa ASMedia Technology Inc. Name: ASM1051E SATA 6Gb/s bridge, ASM1053E SATA 6Gb/s bridge, ASM1153 SATA 3Gb/s bridge, ASM1153E SATA 6Gb/s bridge Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root hub Bus 001 Device 002: ID 2109:3431 VIA Labs, Inc. Hub Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub $ cat /boot/cmdline.txt console=serial0,115200 console=tty1 root=PARTUUID=089c4630-02 rootfstype=ext4 elevator=deadline fsck.repair=yes rootwait quiet splash plymouth.ignore-serial-consoles $ df -h Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on /dev/root 458G 7.1G 427G 2% / devtmpfs 3.7G 0 3.7G 0% /dev tmpfs 3.9G 0 3.9G 0% /dev/shm tmpfs 3.9G 8.6M 3.9G 1% /run tmpfs 5.0M 4.0K 5.0M 1% /run/lock tmpfs 3.9G 0 3.9G 0% /sys/fs/cgroup /dev/sda1 253M 30M 223M 12% /boot tmpfs 782M 4.0K 782M 1% /run/user/1000 $ sudo dd if=/dev/zero of=./dd.tmp ibs=1M obs=1M count=1024 status=progress 920649728 bytes (921 MB, 878 MiB) copied, 4 s, 230 MB/s 1024+0 records in 1024+0 records out 1073741824 bytes (1.1 GB, 1.0 GiB) copied, 6.93637 s, 155 MB/s #M.2-SSDの速度として、155 MB/sくらい出ている

USB boot時(その1)

$ dd if=/dev/zero of=./dd.tmp ibs=1M obs=1M count=1024 status=progress 939524096 bytes (940 MB, 896 MiB) copied, 4 s, 235 MB/s 1024+0 records in 1024+0 records out 1073741824 bytes (1.1 GB, 1.0 GiB) copied, 35.7583 s, 30.0 MB/s #USBの速度として、30 MB/sくらい出ている

USB boot時(その2,別デバイス)

$ sudo dd if=/dev/zero of=./dd.tmp ibs=1M obs=1M count=1024 status=progress 1067450368 bytes (1.1 GB, 1018 MiB) copied, 68 s, 15.7 MB/s 1024+0 records in 1024+0 records out 1073741824 bytes (1.1 GB, 1.0 GiB) copied, 73.9804 s, 14.5 MB/s #USBの速度として、14.5 MB/sくらい出ている

上のようにUSBはデバイスによって速度が大きく異なるようだ。
(乱暴な言い方だと、同じメーカでも価格が高いほうが速いようだ)

SSD boot時

$ df -h Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on /dev/root 458G 7.1G 427G 2% / devtmpfs 3.7G 0 3.7G 0% /dev tmpfs 3.9G 0 3.9G 0% /dev/shm tmpfs 3.9G 8.6M 3.9G 1% /run tmpfs 5.0M 4.0K 5.0M 1% /run/lock tmpfs 3.9G 0 3.9G 0% /sys/fs/cgroup /dev/sda1 253M 30M 223M 12% /boot tmpfs 782M 4.0K 782M 1% /run/user/1000 $ lsusb -t /: Bus 02.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=xhci_hcd/4p, 5000M |__ Port 2: Dev 2, If 0, Class=Mass Storage, Driver=uas, 5000M /: Bus 01.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=xhci_hcd/1p, 480M |__ Port 1: Dev 2, If 0, Class=Hub, Driver=hub/4p, 480M $ lsusb Bus 002 Device 002: ID 174c:1153 ASMedia Technology Inc. ASM1153 SATA 3Gb/s bridge Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root hub Bus 001 Device 002: ID 2109:3431 VIA Labs, Inc. Hub Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub $ cat /boot/cmdline.txt console=serial0,115200 console=tty1 root=PARTUUID=a77ed9b6-02 rootfstype=ext4 elevator=deadline fsck.repair=yes rootwait quiet splash plymouth.ignore-serial-consoles $ sudo dd if=/dev/zero of=./dd.tmp ibs=1M obs=1M count=1024 status=progress 921698304 bytes (922 MB, 879 MiB) copied, 4 s, 230 MB/s 1024+0 records in 1024+0 records out 1073741824 bytes (1.1 GB, 1.0 GiB) copied, 7.47227 s, 144 MB/s #SSDの速度として、144 MB/sくらい出ている

(1)HDDアダプターとして以下を使用してブートに成功した。
USB3.0接続 2.5型 SATA SSD/HDDケース(ホワイト)
(2)以下は同じSSDを使用してもブートが失敗した。
MOBILE BOX USB3.0接続 SATA6G 2.5インチHDD/SSDケース (CMB25U3SV6G / CMB25U3GD6G / CMB25U3BK6G / CMB25U3BL6G / CMB25U3RD6G)

SSD boot時
(SSDは、そのままで、Driverをuasからusb-storageに変更した例)

$ lsusb -t /: Bus 02.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=xhci_hcd/4p, 5000M |__ Port 2: Dev 2, If 0, Class=Mass Storage, Driver=usb-storage(←ここが変更になっている), 5000M /: Bus 01.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=xhci_hcd/1p, 480M |__ Port 1: Dev 2, If 0, Class=Hub, Driver=hub/4p, 480M $ lsusb Bus 002 Device 002: ID 174c:1153 ASMedia Technology Inc. ASM1153 SATA 3Gb/s bridge Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root hub Bus 001 Device 002: ID 2109:3431 VIA Labs, Inc. Hub Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub $ cat /boot/cmdline.txt usb-storage.quirks=174c:1153:u console=serial0,115200 console=tty1 root=PARTUUID=a77ed9b6-02 rootfstype=ext4 elevator=deadline fsck.repair=yes rootwait quiet splash plymouth.ignore-serial-consoles #↑「usb-storage.quirks=...」によって、usb-storageに切り替わっている sudo dd if=/dev/zero of=./dd.tmp ibs=1M obs=1M count=1024 status=progress 931135488 bytes (931 MB, 888 MiB) copied, 4 s, 233 MB/s 1024+0 records in 1024+0 records out 1073741824 bytes (1.1 GB, 1.0 GiB) copied, 9.21296 s, 117 MB/s #SSDの速度として、117 MB/sくらい出ている #Driverがusb-strageになっているので若干遅くなっている?

SSD-bootを成功させるヒント(まとめ)

1.ブートディスク作成には[SD Card Copier]を使用する。
2.HDDアダプター(SATA SSD/HDDケース)にブート成功/失敗が依存する。
(つまり、ブート成功実績があるものを採用する)
3.HDDアダプターの採用チップが「ASMedia Technology Inc」製のものはブートが成功するようだ。

CPUクロック状況

以下の手順でCPUクロックの状況を知ることができる:

#ユーティリティをインストールする sudo apt install cpufrequtils #CPUガバナーを確認する sudo cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_governor #出力 ondemand #CPUクロックの設定を確認する cpufreq-info | grep "hardware limits" #出力 hardware limits: 600 MHz - 1.50 GHz hardware limits: 600 MHz - 1.50 GHz hardware limits: 600 MHz - 1.50 GHz hardware limits: 600 MHz - 1.50 GHz #実作のクロックを測定する場合 vcgencmd measure_clock arm #出力 frequency(48)=600117184 #1秒毎に実作のクロックを測定する場合 watch -n 1 vcgencmd measure_clock arm #1秒ごとのクロックの変化が表示される #別のセッションで重い処理が動くとクロックが高くなるのが測定できる

参照:How to overclock Raspberry Pi 4

なお、CPUガバナーの設定には ondemand 以外にも、 performance conservativeがあり、 以下のような動作になる:

  • performance: 1.50 GHz固定
  • ondemand: 600MHz 〜 1.50 GHz可変 (負荷に応じて変動)
  • conservative: 600MHz 〜 1.50 GHz可変 (負荷に応じてゆっくりと変動)
  • powersave: 600Mhz固定

32bits SSD boot 方法(おまけ)

32bitsでSSD-bootする場合、 既にeepromが、USB/SSD-bootできる状態になっているので、32bitsのUSB-boot用USBを作り、それでブートしたあと、VNCでログインして、「SD Card Copier」で ブートしたUSBの内容を接続したSSDにコピーすると、 boot-SSDができあがる。

実際には以下の手順になる:

HostPC: 0.32bitsイメージをダウンロードする cd ~/Downloads wget https://downloads.raspberrypi.org/raspios_full_armhf/images/raspios_full_armhf-2021-05-28/2021-05-07-raspios-buster-armhf-full.zip 1.書き込むツール(Etcher)で上でダウンロードしたイメージをUSBにコピーする 2.コピーしたUSBを上で説明した変更を施す。 rpi: 3.このUSBをrpiに挿してブートする。 4.ブート後、raspi-configで、VNCを有効にする。 5.rebootする。 6.VNCでログインする。 7.ブートSSDにしたいSSDを接続する。 8.「SD Card Copier」で、ブートしているUSBの内容を接続しているSSDにコピーする。

32bits SSD boot後の出力例:

$ uname -a Linux xxxx 5.10.17-v7l+ #1421 SMP Thu May 27 14:00:13 BST 2021 armv7l GNU/Linux $ free -h total used free shared buff/cache available Mem: 7.7Gi 151Mi 7.1Gi 30Mi 410Mi 7.3Gi Swap: 99Mi 0B 99Mi df -h Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on /dev/root 458G 6.9G 428G 2% / devtmpfs 3.8G 0 3.8G 0% /dev tmpfs 3.9G 0 3.9G 0% /dev/shm tmpfs 3.9G 8.6M 3.9G 1% /run tmpfs 5.0M 4.0K 5.0M 1% /run/lock tmpfs 3.9G 0 3.9G 0% /sys/fs/cgroup /dev/sda1 253M 48M 205M 19% /boot tmpfs 788M 4.0K 788M 1% /run/user/1000 $ sudo dd if=/dev/zero of=./dd.tmp ibs=1M obs=1M count=1024 status=progress 989855744 bytes (990 MB, 944 MiB) copied, 6 s, 165 MB/s 1024+0 records in 1024+0 records out 1073741824 bytes (1.1 GB, 1.0 GiB) copied, 6.5634 s, 164 MB/s #USBの速度として、164 MB/sくらい出ている #32bitesのほうが64bitsよりも若干速いようだ。

参照URL

Pi OS 64 Bit 5/27/2021 release and libstdc++ #156
arduinoフレームワーク用platformio.ini集

raspi-config
Raspberry Pi 4 bootloader configuration
USB mass storage boot
NVMe SSD Boot (BETA)(CM4 only)

PI4-CASE-ARGON-ONE-M.2
PI4-CASE-ARGON-ONE

USB起動のRaspberry PiでアクセスLEDを点滅をさせない方法
64ビット版Raspberry Pi OSベータテスト版を動かしてみました

SSD関連:
ラズパイ4 で使える外付け2.5インチケースは?
ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)
Raspberry Pi 4でUSB3.0接続のSSDがとても遅い

以上

|

« vscodeでtexを編集する(lualatex) | トップページ

RaspberryPi」カテゴリの記事

SSD boot」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« vscodeでtexを編集する(lualatex) | トップページ