« Wio-TerminalでMQTTを動かす | トップページ | LovyanGFX-Display ライブラリを使用したスケッチをplatformioでビルドする »

2022年1月24日 (月)

Wio-Terminal/M5Core2のWiFiAnallyzer

2022/1/24
初版

WiFiAnalyzer for WioT/M5Core2

WiFiAnalyzer for WioT/M5Core2

概要

Wio-Terminal用とM5Core2用のWiFiAnallyzerを紹介する。
Arduinoのスケッチになっているが、platformioでビルドする。

Wio-Terminal用

以下の手順でビルト&書き込みする:

# platformio環境に入る mkdir WioWiFiAnalyzer cd WioWiFiAnalyzer mkdir src cd src # ソースをダウンロードする wget https://raw.githubusercontent.com/moononournation/Arduino_GFX/master/examples/WiFiAnalyzer/WioWiFiAnalyzer/WioWiFiAnalyzer.ino cd .. gedit platormio.ini # 次節のplatformio.iniの内容を作成する

platformio.ini(wio-terminal用)

Wio-Terminal用

[env:seeed_wio_terminal] platform = atmelsam board = seeed_wio_terminal framework = arduino ;build_flags = -DWIO_TERMINAL upload_protocol = sam-ba monitor_speed = 115200 lib_ldf_mode = deep+ lib_deps = https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Arduino_mbedtls/archive/dev.zip https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Arduino_rpcUnified/archive/master.zip https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Arduino_rpcBLE/archive/master.zip https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Arduino_rpcWiFi/archive/master.zip https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Arduino_FreeRTOS/archive/master.zip https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Arduino_FS/archive/master.zip https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Arduino_SFUD/archive/master.zip # # RTC adafruit/RTClib@^2.0.2 ;powerbroker2/SafeString@^4.1.14 ;seeed-studio/Seeed Arduino RTC@^2.0.0 # # display libs (* Select Only ONE *) ;https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Arduino_LCD/archive/master.zip moononournation/GFX Library for Arduino@^1.1.8 ;lovyan03/LovyanGFX@^0.4.10 https://github.com/tanakamasayuki/efont.git https://github.com/Tamakichi/Arduino-misakiUTF16.git # # network related ;arduino-libraries/NTPClient@^3.1.0 ;knolleary/PubSubClient@^2.8 # # sensor related adafruit/Adafruit Unified Sensor@^1.1.4 adafruit/Adafruit BME280 Library@^2.2.2 adafruit/Adafruit DPS310@^1.1.1 ;wemos/WEMOS SHT3x@^1.0.0 https://github.com/Seeed-Studio/Grove_SHT31_Temp_Humi_Sensor.git #

注意:
display系のライブラリが複数登録されているとビルトでエラーが出なくても正常に実行されない現象があった。
ヘッダーが異なっているので問題がないと思っていたが、必要なライブラリ以外はコメントアウトする必要がるようだ。
ダウンロードした(ローカルな)ライブラリをいったんクリアするためには「sudo rm -r .pio」を実行する。
その後、「pio run -t upload」でビルト&書き込みを行なう。

M5Core2用

以下の手順でビルド&書き込みを行なう:

# platformio環境に入る mkdir Core2WiFiAnalyzer cd Core2WiFiAnalyzer mkdir src cd src # ソースをダウンロードする gedit main.ino 以下のurlからソースコードをコピー&ペーストする: https://macsbug.wordpress.com/2018/04/30/m5stack-wifianalyzer/ M5STACK WiFiAnalyzer cd .. # platformioの設定ファイルをダウンロードする wget https://raw.githubusercontent.com/espressif/arduino-esp32/master/tools/partitions/default_16MB.csv gedit platormio.ini # 次節のplatformio.iniの内容を作成する

パッチ

M5Stack用をM5Core2用に変更するためにソースを以下のように変更する。

src/main.ino

#9行当たりを以下のように変更する:(M5StackUpdaterは使用しない) //#include <M5Stack.h> #include <M5Core2.h> //#include "M5StackUpdater.h" // SD Update #27行当たりをコメントアウトする:(M5StackUpdaterは使用しない) // if(digitalRead(BUTTON_A_PIN) == 0){ // SD Update // updateFromFS(SD); ESP.restart(); // SD Update // } // SD Update

platformio.ini(M5Core2用)

M5Core2用

[env:m5core2] platform = espressif32 board = m5stack-core2 framework = arduino upload_speed = 2000000 monitor_speed = 115200 board_build.partitions = default_16MB.csv build_flags = -DM5C2 -DCORE_DEBUG_LEVEL=4 -DBOARD_HAS_PSRAM -mfix-esp32-psram-cache-issue lib_deps = https://github.com/m5stack/M5Core2.git https://github.com/FastLED/FastLED ;https://github.com/m5stack/M5Core2/blob/master/examples/core2_for_aws/ArduinoECCX08.zip ;lovyan03/LovyanGFX adafruit/Adafruit BMP280 Library @ ^2.5.0 adafruit/Adafruit Unified Sensor @ ^1.1.4 m5stack/UNIT_ENV @ ^0.0.2 https://github.com/earlephilhower/ESP8266Audio.git ;tobozo/M5Stack-SD-Updater@^1.1.8 lib_ldf_mode = deep+

参考情報

terminal関連:
Bootterm – a developer-friendly serial terminal program

WiFiAnalyzer関連:
Dual Band WiFi Analyzer with Wio Terminal
M5STACK WiFiAnalyzer

M5Core2関連:
M5Stack Core2を使ってみました。

platformio関連:
arduinoフレームワーク用platformio.ini集
Building Core2 FactoryDemo in PlatformIO
VSCodeとPlatformIOでM5Stack Core2開発
M5Stack Core2とVSCode + PlatformIOとでM5Stackプログラミングを始めてみた。

Arduino-IDE関連:
Arduino IDE environment - M5Paper
Arduino IDEのインストールと設定 (Windows, Mac, Linux対応)

M5Stackファミリ関連:
M5Core2 Arduino Install
M5Paper Arduino Install
M5CoreInk Arduino Install
M5Stamp-PICO Arduino Install
M5Stamp-C3 Arduino Install
Wio-Terminal/ESP8622/ESP32ボードを共通のスケッチで動かす(NTP-CLIENT編)
Wio-Terminal/M5Atom/ESP8622/ESP32ボードを共通のスケッチで動かす(v2)(STARWARS編)
Wio-Terminal/M5Atom/ESP8622/ESP32ボードを共通のスケッチで動かす(v2)(MQTT編)
Wio-Terminal/M5Atom/ESP8622/ESP32ボードを共通のスケッチで動かす(v2)(REST-API編)
Wio-Terminal/M5Atom/ESP8622/ESP32ボードを共通のスケッチで動かす(v2)(OSC編)

以上

|

« Wio-TerminalでMQTTを動かす | トップページ | LovyanGFX-Display ライブラリを使用したスケッチをplatformioでビルドする »

PlatformIO」カテゴリの記事

WiFiAnalyzer」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Wio-TerminalでMQTTを動かす | トップページ | LovyanGFX-Display ライブラリを使用したスケッチをplatformioでビルドする »