« uncannyeyesスケッチをplatformioでビルドする | トップページ | platformioのために新しいユーザーを設定する »

2022年2月 3日 (木)

Wio_ExtFlashLoad(WriteSampleMenu.ino)スケッチをplatformioでビルドする

2022/2/3
初版

Wio_ExtFlashLoad sketch build by platformio

Wio_ExtFlashLoad sketch build by platformio

概要

Wio Ext Flash Load」、 「External Flash Loader library for Wio Terminal」 にあるWio_ExtFlashLoad(WriteSampleMenu.ino)スケッチをplatformioでビルドする。
arduinoのサンプル・スケッチとして提供されているものだが、plaformioビルド環境でビルドする。
Wio_ExtFlashLoadは、アプリを起動するメニューになっており、
SDカードにビルドした.binを起き、それを選択して起動する。

WriteSampleMenu.ino

以下の手順をダウンロード/ビルド/書き込みする:

# platformioの環境に入る # プロジェクト・ディレクトリを作成する mkdir Wio_ExtFlashLoad cd Wio_ExtFlashLoad mkdir src cd src wget https://raw.githubusercontent.com/ciniml/ExtFlashLoader/master/examples/WriteSampleMenu/WriteSampleMenu.ino wget https://raw.githubusercontent.com/ciniml/ExtFlashLoader/master/examples/WriteSampleMenu/menu_data.h cd .. gedit platformio.ini # 後節にあるplatformio.iniの内容を作成する # ビルド&書き込み pio run -t upload

以上で、実行すると、メニューが表示されるようになる。

platformio.ini

wio-terminal用:

[env:seeed_wio_terminal] platform = atmelsam board = seeed_wio_terminal framework = arduino build_flags = -DWIO_TERMINAL upload_protocol = sam-ba monitor_speed = 115200 lib_ldf_mode = deep+ lib_deps = https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Arduino_mbedtls/archive/dev.zip https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Arduino_rpcUnified/archive/master.zip https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Arduino_rpcBLE/archive/master.zip https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Arduino_rpcWiFi/archive/master.zip https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Arduino_FreeRTOS/archive/master.zip https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Arduino_FS/archive/master.zip https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Arduino_SFUD/archive/master.zip # https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Arduino_LCD/archive/master.zip # arduino-libraries/NTPClient@^3.1.0 # ciniml/ExtFlashLoader@^0.1.2

アプリ用.binを作成する

アプリ用SDの詳細は「External Flash Loader library for Wio Terminal」に記述されているので、その中に入れる.binの作成方法について説明する。

「pio run」でビルドすると
以下に.binができる:

.pio/build/seeed_wio_terminal/firmware.bin

これをfirmware.binをapp.binにリネームしてSDにコピーする。

これだけでメニューから起動できる。
ただ、このままだとアプリ起動後、
メニューに戻ることができないので
setup()にボタンAを押しながらリセットしたときに
メニューに戻るコードを埋め込む。

(1)TFT_eSPI対応アプリの場合、「External Flash Loader library for Wio Terminal」の「アプリケーションのメニューアプリ対応」を参照のこと。

(2)LGFX対応アプリの場合は
以下のコードを埋め込む:

以下のヘッダーを追加する: /////////////////////////////////////////// // application menu header #include <cstdint> #include <ExtFlashLoader.h> /////////////////////////////////////////// 変更前: void setup() { lcd.init(); ------------------- → 変更後: void setup() { //// goto application menu /////////////// lcd.init(); pinMode(WIO_KEY_A, INPUT_PULLUP); if( digitalRead(WIO_KEY_A) == LOW) { lcd.print("Launching QSPI application\r\n"); // for LGFX ExtFlashLoader::ExtFlashLoader loader; } ////////////////////////////////////////// // //lcd.init();

platformio.iniには
以下のライブラリを追加する:

lib_deps = ... <省略> ... # ciniml/ExtFlashLoader@^0.1.2

参照情報

terminal関連:
Bootterm – a developer-friendly serial terminal program

LovyanGFX関連:
LovyanGFX - Display (LCD / OLED / EPD) graphics library (for ESP32 SPI, I2C, 8bitParallel / ESP8266 SPI, I2C / ATSAMD51 SPI) - M5Stack / M5StickC / TTGO T-Watch / ODROID-GO / ESP-WROVER-KIT / WioTerminal / and more...
LovyanGFX LCD Graphics driver
LovyanGFX-Display ライブラリを使用したスケッチをplatformioでビルドする

platformio関連:
arduinoフレームワーク用platformio.ini集
Building Core2 FactoryDemo in PlatformIO
VSCodeとPlatformIOでM5Stack Core2開発
M5Stack Core2とVSCode + PlatformIOとでM5Stackプログラミングを始めてみた。

Arduino-IDE関連:
Arduino IDE environment - M5Paper
Arduino IDEのインストールと設定 (Windows, Mac, Linux対応)

以上

|

« uncannyeyesスケッチをplatformioでビルドする | トップページ | platformioのために新しいユーザーを設定する »

obniz」カテゴリの記事

PlatformIO」カテゴリの記事

Wio Terminal」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« uncannyeyesスケッチをplatformioでビルドする | トップページ | platformioのために新しいユーザーを設定する »