« Wio_ExtFlashLoad(WriteSampleMenu.ino)スケッチをplatformioでビルドする | トップページ | GitHubでblog(webサーバー)を実現する »

2022年2月 6日 (日)

platformioのために新しいユーザーを設定する

2022/2/7+
初版

new user for platformio

new user for platformio

概要

platformioのために新しいユーザーを設定する。
platformioを使用しているときに環境問題で動作が不良になったときがあり、
pythonの仮想環境をいったん消去してplatformioを再インストールしても 解決しなかったときがあった。
これを解決するために、新しいアカウントを作り、新しいユーザーを設定して、そこにログインして その環境にplatformioをインストールする。
ここでは、新しいアカウントを作る方法について記する。
(ubuntu-20.04を想定する)

新しいアカウントの作成方法

既存のログイン環境で以下を実行する:
(ここでは設定する新しいユーザー名をNEWUSERとする)

sudo su - useradd -m NEWUSER passwd NEWUSER usermod -G sudo NEWUSER ここで、いったんログアウトして NEWUSERでログインする。 # デフォルトのshellがbashでないので # bashに設定し直す # 現在のshell echo $SHELL /usr/bin/sh # bashのパスの確認 which bash /usr/bin/bash # shellのパスを上で確認したパスにする chsh -s /usr/bin/bash # 設定を有効にするため、いったんログアウトして、再ログインする 必要があれば既存の.bashrcの内容を 新しいログインの.bashrcにコピーする https://beta-notes.way-nifty.com/blog/2021/02/post-2b331d.html 「arduinoフレームワーク用platformio.ini集」 の「PlatformIOのインストール」、「udev登録」を参照して platformioを(再)インストールする。

参照情報

terminal関連:
Bootterm – a developer-friendly serial terminal program

ディレクトリ関連:
「/bin」「/usr/bin」「/usr/local/bin」ディレクトリの使い分け
Ubuntu でホームディレクトリ内のディレクトリ名を英語表記に

platformio関連:
arduinoフレームワーク用platformio.ini集
Building Core2 FactoryDemo in PlatformIO
VSCodeとPlatformIOでM5Stack Core2開発
M5Stack Core2とVSCode + PlatformIOとでM5Stackプログラミングを始めてみた。

Arduino-IDE関連:
Arduino IDE environment - M5Paper
Arduino IDEのインストールと設定 (Windows, Mac, Linux対応)

以上

|

« Wio_ExtFlashLoad(WriteSampleMenu.ino)スケッチをplatformioでビルドする | トップページ | GitHubでblog(webサーバー)を実現する »

Arduino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Wio_ExtFlashLoad(WriteSampleMenu.ino)スケッチをplatformioでビルドする | トップページ | GitHubでblog(webサーバー)を実現する »